馬みて、自力で、あてる!

ファーストステップ オブ パドック(入門)

  • 2023年12月8日
  • 2023年12月8日
  • 未分類
  • 295view

僕はかれこれ

約20年弱、パドックみてきた。

幾度なく金を溶かしてきた(笑)。

でも、馬だけで当てた数も、数えきれないほどある。

もちろん生涯収支はマイナスなんだけど、

そんな ”パドック20年戦士” の僕がパドックで見るべきポイントってのを整理しなおしたら

イラストのようになった!

 

 

僕は色を塗った7か所を見てるんだ!

ちなみに7番目は直接的には色を塗ってない。

眼に見えないオーラだからね!

馬体の醸すハーモニーを感じるっていう表現が正しいかも。

①から⑥が奏でる、全体的なメロディが⑦番なんだけど、

それが、美しいかどうかに、

すべてが集約される。

 

 

が!

「ハーモニーを感じろ」なんてのは

これを読んでくれてる、

 

パドック初心者さんには難しすぎる!

 

なので、7分の6個は見なくていいや(笑)。

 

まずは、1か所だけでいいんだ。

 

僕が推奨する、初心者さんが見るべき7分の「1」

 

それが、コレ↓↓

 

 

 

 

 

ファーストステップとしては、難易度が優しくて取っ付きやすいかなと思う!

実際に僕もパドック難民を脱出できたのは、コレ↓

 

 

水平首。

 

 

の、お陰だったし、いまだに世話になりっぱなし。

 

 

 

例えば、こんなのがある。

以下に具体例をあげていくよ!

(競馬史に永遠に語り継がれるであろう名馬がお手本だったりする!)

 

 

ハーツクライ

冒頭の数秒

 

サニーブライアン

6分30秒らへん

 

サクラローレル

1分45秒らへん

 

スペシャルウィーク

6分22秒らへん

 

ナリタブライアン

5分00秒らへん

 

 

 

例えば近年だと↓

 

天皇賞春のフィエールマン

 

ダービーのシャフリヤール

 

安田記念のダノンキングリー

 

スプリンターズSのピクシーナイト

 

チャンピオンズCのクリソベリル

 

距離関係なく、芝ダート関係なく、

水平首で歩いていた馬ってのがG1で躍動した事例もあるんだ。

 

そういや、この子もそうだね。

 

 

※以上、写真の引用はJRAレーシングビュアーより。月額550円でパドック見放題なんでオススメ。
https://www.prcenter.jp/index.html

 

もちろん水平首以外でもG1勝ってる馬はいくらでもいる。

でも、馬が調教で鍛え抜かれて足腰や体幹が強くなり、

心身ともに調子がピークになったときに

サラブレッドがパドックで体現する姿

その、一例が、

(あくまで多くあるなかのヒトツの例にすぎないんだけど)

それが、水平首っていうシルエットなんだと。

僕は、そう思う(あくまでシロウトの持論だけどね!)

 

いや、もっと言えばコレなんだけど↓

 

とりあえずはクビだけでOK

 

 

 

もちろん、G1に限らない!

イクイノックスのようなバケモノじゃなくても、

下級クラスの馬でも、

心身がピークを迎えると水平首的なシルエットになってくる馬もいる。

サラブレッドの骨格の構造的に、そうなるように、

たぶん、競馬の神様が設計しているんだよ(これまた持論だけどね)

 

もちろん、理想的なシルエットに仕上がっても能力不足や展開によっては凡走しちゃうし

水平首だから能力プラス100になったり展開不問の怪物に変身するわけじゃないけど、

たまにトンデモナイ大穴をあけるケースもあったりする。

 

以下、水平首の爆穴好走例(G1以外)

※直近3カ月(2023/12/05現在)

10/28 東京7R  11人気 2着 ⑫グラスミラー

10/07  京都12R 14人気 2着 ⑮ワンダースティング

10/07  京都10R 13人気 3着 ⑬トーホウディアス

10/09  東京7R  10人気 2着 ⑧シルバーニース

10/01  中山9R  10人気 1着 ⑩カランセ

09/24 阪神11R 10人気 2着 ⑥サヴォーナ

09/24 中山7R  12人気 3着 ③セリオーソ

09/18 阪神6R  10人気 2着 ⑫クリノクリスタル

09/17 中山4R  11人気 1着 ⑤マリンバンカー

09/16 中山8R  13人気 3着 ③ヴォーグマチネ

09/10 中山3R  11人気 2着 ⑫ディアスポラ

 

以上に挙げた馬は、あくまで僕の主観で水平首に見えたってことにはなるんだけど、

こういった2ケタ人気で爆穴をあけた事例もある一方で、

もちろん中穴や人気どころでも水平首の好走例ってのは多くある。

が、やっぱ競馬やるなら誰しも大穴で儲けたいってのはあるよね!

 

 

パドックの馬の動きって複雑すぎて掴みどころがないんだけど、

水平首という【型】に慣れておくだけで、

馬連や三連系のヒモ穴に人気薄の水平首をチョロット買い足して、万馬券が獲れたりするなら

ちょっとロマンあるなぁって、思わない?

シンプルな見た目だし、初心者でも取っつきやすいとは思うんだ。

 

まぁ当然、そう簡単に水平首でポンポン当たるもんじゃないし、

フェイクを握ったら連続で外れることもあるし、

大抵の人は水平首アンチなってしまうだろうけど、

いくつかの見るべきポイントってのがあって。

それをまとめたコンテンツがコレ↓↓↓

 

 

ホンモノを見極めてフェイクをかわす練習がてら

過去にパドック初心者さんを集めて運営していた「水平首コミュニティ」で紹介していた水平首事例をまとめたものなんだけど、

毎晩、数頭の理想的な水平首を映像で見て、水平首バイアス(色眼鏡)を強化していくことで、初心者さんのなかでも爆穴万馬券を的中させておられる方もいたよ。

 

もちろん、万馬券が確実に獲れるって保証はできない。

でもいままでよりもパドックがより楽しくなるってことは自信を持って言える!

 

 

さーおいでおいで。

 

パドックのファーストステップは水平首だ。

 

まずは【型】を抑えよう。

 

新聞みないで、首みようぜ!↓

 

タッチすると参考書にジャンプできるよ!