考えるな、感じろ!
NO IMAGE

パドック超初級者脱出セミナー動画の補足

  • 2021年3月12日
  • 2021年3月13日
  • 未分類
  • 79view

 

どうもKOです。

動画ご視聴ありがとうございました。

すこし補足です。

 

 

動画冒頭でも話した上の図を見ていただきたいのですが

物事の実践においては

「カンタン(つまらない)」「難しい(たのしい)」「不可能」

と三つに分類ができると話しました。

 

そしてパドックの超初心者さんの段階では

パドック見られるようになるのは「不可能」だって領域に

分類してるかと思います。

 

もしかしたら「楽しいけど難しいな」と

不可能領域よりひとつ左側のステージ(青枠)に片足を突っ込んでおられる方もいるかもしれませんが、

正直なところもう片足は「不可能」なほう(赤枠)に入ってるかと思います。

 

両足を青枠の「難しいけど楽しい!」ステージに入れるには

まずは首をみるのがいいですね。

 

パドックと言えば踏み込みやら前さばき、

あるいはトモのハリやらを気にしたくなるかもしれません。

 

でも!

 

それらはまずは見なくてOKです。

首だけでOKです。

 

特にJRAのパドックにおいては時間が短い。

なので、まずは首だけ。

 

見る箇所は絞る。

 

そして、「水平首」か「スタンダード首(自然首)」か「甘え首」か

に注目してみる。(↑この三つの首のコツはまたの機会にはなします!)

 

動画をすでに見ていただいた方はすでに

脳の中に概念(ライト)がはいってますので、

あとは暗闇を照らすだけです。

 

なんども練習して首を見るのを楽しんでください。

楽しくなればどんどんハマっていき

上達も早まります。

 

あと、パドックにセンスはないです。

誰でもある程度は習得できます。

 

動画の後半、「余談」の部分でも話しましたが、

 

ドラえもんとかマイクとか修正テープが認識できましたよね?

これらは元々あなたの頭に”ライト(概念)”が入っていたので見えました。

これらを認識して理解するのに、

センスはいらないですよね(^^

 

パドックも一緒です。

 

なので、自信をもって大丈夫!

 

まずは水平首だけでもチャレンジしてみてくださいね。

もちろん練習はエア馬券で!

 

で、やってるうちに首に限界を感じてきます。

ライトが少ないからです。

 

ライトを増やすために、

今度はG1ホースのパドックを研究して言語化していく。

 

トモの雰囲気とか、踏み込みとか前さばきとか。

首以外の部分も注目していく。

それらの動きをカンタンにでもいいからコトバにしてみる。

 

言語化ってフレーズは難しく感じるかもしれませんが、

カンタンにでいいです。

 

言語化は概念(=イメージ=ライト)を増やすことになりますから

パドックで見える世界観がまた変わってきます。

 

パドック脳が進化していく感じですね!

 

これが僕、KO流のパドック上達方法です。

 

以下のブログ記事でG1ホースの言語化に関して触れてます。(中級レベル)

 

【パドック相馬眼アップ】絶対に誰もやりたがらないけど、地味に効果ある方法

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件

>パドックたのしいいよ

パドックたのしいいよ

youtubeやってます KO's channelです