かんがえるな、かんじろ

アーモンドアイのパドックはどこを見るべきか?

  • 2020年11月25日
  • 2020年11月25日
  • 未分類
  • 139view

こんにちは、KOです!

もうすぐジャパンカップですね。

今回はTwitterでリクエストいただいた

「ジャパンカップ有力馬のパドックで見るべきポイント」について

話していこうと思います。

まずはアーモンドアイからです。

2018年のジャパンカップ以降でパドックをすべて念入りに観察してみました。

※3歳のときと古馬になってから馬体が変化していたので、古馬になってからの体つきで比較しました

※とはいえ3歳のジャパンカップも観察対象にしたのは、最高のパフォーマンスを発揮したときだからです

個人の主観がかなり入った考察になりますが、それでよければご参考ください。

できれば、ご自身でもレーシングビューアー等で観察してみるのをお勧めします!

ということで本題に入ります。

 


 

まず、アーモンドアイのパドックを縦の比較をして感じた率直な感想。

メンタル面馬体面でわけてはなします。

 

【メンタル】

・毎回落ち着いた雰囲気で、凛としている
・わかりやすい気合いを表にだしていない
・それゆえに、精神状態を見抜きにくい

というのが率直な感想です。

 

【馬体面】

・前さばき(前肢の軽やかさ)
・後肢の踏み込み
・トモ、お尻の力強い上下動

 

これらは、観察したどのレースも、差がない
というのが、率直な感想ですね。

赤丸の三か所ですね

「前さばき(肩)」、「トモ・お尻の力強さ」、「踏み込み」

これらに関しては毎回同じ雰囲気でパドックを周回しています。

ヴィクトリアマイルから中2週で出走した安田記念においても、

動きにカタさは感じられませんでした。

なので今回のジャパンカップ(中3週)でも

おそらくカタさはでてこないと思われます。

ですから、パドックで上記3点を注目する時間は

サクッと確認する程度で良いと思います。(時間節約)

グリーンチャンネルのパドック映像は一瞬ですしね!

 


 

馬体面では毎回差がないのがアーモンドアイのパドック姿です。

注目すべき点は、どちらかというと精神面を重視すべきかと

個人的には思います。

 

なので、グリーンチャンネルの一瞬のパドックで見るべきポイントは

「眼つき」「頭のうごき」「首」

この三点を注目してみるのが、重要かと思います。

精神面、つまり感情がでる3点だからです。

おそらく馬体は仕上がって出てくるでしょうから、

あとは走る気持ち、ファイティングスピリットがあるかどうかです。

 

参考までに、

2018年のJCから2020年の天皇賞秋までの3点の特徴を以下にまとめました。(計7R分)

 


2018 ジャパンカップ 1着 2.20秒の驚異的レコード

眼つき:眼ヂカラがあり、視線は前方へ
首:かなり高め(水平クビを基準に)
頭のうごき:オデコらへんでリズム


2019 安田記念 3着 スタートで不利受けた

眼つき:眼ヂカラがあり、視線は前方へ
首:水平クビより気持ち高め
頭のうごき:終始、小さくオデコこつんこつん振ってる


2019 天皇賞・秋 1着 1.56の驚異的タイムで圧勝

眼つき:眼ヂカラがあり、視線は前方へ
首:水平クビより気持ち高め
頭のうごき:左前肢を前に出すと同時に、オデコをこつん


2019 有馬記念 9着 熱発あけ

眼つき:眼ヂカラが弱い、
首:基本水平高め首だが、比較的高めじゃないただの水平ラインも多い
頭のうごき:少しオデコこつんこつんしている程度

※歩様も重々しく感じる。熱発の影響でしょうか。


2020 Vマイル 1着 圧勝

眼つき:眼ヂカラがある、視線前方へ
首:水平より気持ち高め
頭のうごき:左前肢と同時に、オデコこつんのリズム


2020 安田記念 2着 出遅れ

眼つき:眼ヂカラがある、視線は気持ち落ち着きない(横むく)
首:水平より気持ち高め
頭のうごき:オデコこつんはあるが、左前肢との連動リズムかどうか怪しい


2020 天皇賞・秋 1着 圧勝

眼つき:眼ヂカラあり、視線は前方へ
首:水平より高め
頭のうごき:左前肢と同時にリズムあり


 

以上が、僕が観て感じたことを、言語化したものです。

 

まとめてみます。

 

好走するかどうかのポイントは、

 

眼つき:眼ヂカラがあって、視線は前方への眼差しを感じるか?眼ヂカラありつつも、涼しい眼をしているか?

:水平クビよりも若干たかめのラインであれば、問題なし

:オデコのコツんとした動きがあるか?(近走は左前肢と連動してコツんとしたリズムが特徴的)

 

これらが、当日に確認すべき、重要ポイントですね。

 

逆に凡走を疑ったほうがよい仕草は以下の通りです。
凡走した有馬記念や、出遅れた安田記念を参考にすると、こんな感じです。

 

眼つき:眼ヂカラが足りない。視線が下がり気味に見える(有馬)。視線が若干落ち着きない。キョロキョロぎみ(安田)

:いつもよりの位置が低め。ときおり高めになるけど比較的水平ラインくらい低く長めなときは割引か?(有馬)。いつもは真っすぐ前を向いているが、横(観客側)をみたら、ちょい割引か?(安田)

:オデコのコツんリズムが感じられない場合は怪しいかも。(有馬)

 

こんな感じですね。

さらにもっとまとめると、

 

買いの仕草:横向かず、鋭い視線で、アタマをコツん(左前肢と連動)

凡走の仕草:元気なさそう、コツんがない、歩様が重々しい

 

そして、女王の風格を漂わせているかどうか。

オーラですね。

G1は特に、首やら馬体でなく「風格」であると、

パドックバイブルの著者、船曳先生はおっしゃっておられました。

 

 

 

今回は特に強い三冠馬がでてきますので、生半可な仕上がりだと厳しいですよね。

なので、スーパーレコードをたたき出した2018JCと2019天皇賞・秋

それから前走の2020天皇賞・秋のパドック映像を頭に刷り込んでおくのも

アリかとおもいます!

 

そして当日は、馬体のチェックは軽くでOK(毎回、差はないと思われますので)

眼つき、アタマ、首の三点からアイちゃんの感情を読み取るのが大事と思われます。

僕は、こんな感じで当日のパドックを観察してみようと思います!

以上っす!最後までお読みいただきありがとうございました。

 

PS

コントレイルとデアリングタクト、その他有力馬も上げられたら投稿しますね。

 


 

かなり主観的なものなので、可能でしたら実際にレーシングビューアーなどで

常に疑いの眼をもって(笑)、ご自身でも確認することをオススメいたします。

とくに左前肢と連動してアタマのコツんとしたリズムなんてねーよ!って感じる方もいるかもしれませんw

もし、映像checkが面倒なようでしたら、僕がまとめた内容をもとに、

当日パドックを楽しんでくださいね!

※馬券は自己責任でお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件

>パドックたのしいいよ

パドックたのしいいよ

youtubeやってます KO's channelです